新車で購入した思い出のカローラ

新車で購入したカローラを13年間乗り続けていますが、最初の頃は免許を取ってから数年たっていたこともあり、誰も乗せないようにしていました。

 

車を購入したのは会社に通勤にいくことが目的でしたので、いつも同じ通勤経路を運転していたので大体道を覚えてくるようになると運転技術に少し自信はついてきました。

 

ある日違う職場にいる先輩から飲み会があるので朝送ってくれないのかと頼まれたので、多少運転にも自信があったので送ることにしました。

 

先輩を乗せた時に感じたのは助手席に座られると左側が良く見えないことでした。

 

初めての感覚でしたので、いつもより慎重に運転していたときに事故を起こしてしまいました。

 

狭い道路から幹線道路に出ようと車を少し出した時に、左側から来た自転車とぶつかってしまいました。

 

先輩からあとで聞いたのですがぶつかって相手の男性がボンネットを超えて自転車から飛び跳ねたようでした。

 

突然のことでしたが、急いで警察に連絡してきてもらい事情聴取を受けることになりました。

 

先輩は別の人に乗せてもらうようにしてもらい、保険会社にも連絡しました。

 

男性は大学生ぐらいで腰を強打したようですが、幸いにも大事には至らずに済みました。

 

保険の人が処理してくれたので相手の家に行く必要はないといわれたのですが、お詫びのしるしに行くことにしました。

 

相手の家に行き母親と思われる人がでてきたときに怒られることを覚悟しましたが、当時それほど年齢が変わらない自分を見たことで最初は複雑な表情をしていましたが、話は聞いてもらえました。

 

大学生もよそ見をしていたらしのですが、左右を確認しなかったこちらに非があることは間違いなかったので少しばかりのお金を渡してひたすら謝り続けているとわかってくれたのでほっとしました。